自作アンテナ wimax

サイトマップ

自作アンテナをわざわざ作成する理由とは?

パラボラアンテナ


WiMAXユーザーの中には、自作アンテナを作成する方がいます。
なぜそんなものを自作するのかと言うと、WiMAXの通信速度をアップさせる為です。



と言うのも、WiMAXは無線を使用しますので、場所によっては、通信状態が悪くなる事があるのです。
運悪くそう言う場所に住んでいる方は、あの手この手で通信速度を上げる必要が出て来るのです。



その中でも、効果がある方法としてメジャーなのが、自作アンテナなのです。



WiMAXに関する詳細情報はこちら
UQ WiMAX

自作アンテナの作成方法とは?

自作アンテナと言うと、専用の機材を買って来て、配線をあれこれとしなければならないような印象があるかもしれません。
ですが、そんな大掛かりな仕掛けは必要ありません。



金属製ボウル


必要なのは、台所にある金属製ボウルまな板立て、そして、スマホスタンドです。
100円ショップで材料を揃えれば、総額300円です。



まな板立てを程良く曲げ、そこに金属製ボウルをセットします。
スマホスタンドにWiMAX端末を乗せたら、金属製ボウルの前に設置します。



たったこれだけで完了です。



あとは、WiMAXの基地局のある方角に向けて設置する事で、通信速度を上げる事が出来ます。
ただし、WiMAXの基地局の場所は非公開ですから、手探りで探る必要があります。

通信速度は本当に上がるの?

なぜこんなもので通信速度が上がるのかと言う点ですが、WiMAXの電波は反射しやすい性質を持っていて、それを利用しています。
ボウルの曲面を使ってWiMAX端末に電波を集める事で、通信状態が向上します。
通信状態が良くなる結果、通信速度が上がると言う仕組みなのです。



リフレクターでワイマックスの電波を集める



実際、GMOとくとくBB WiMAX 2+が実験を行っています。





動画を確認すると、確かに、通信速度の向上が見られます。
ですから、WiMAXの通信速度に不満のある方は、試してみて下さい。



GMOとくとくBB WiMAX 2+の公式サイトはこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+

「GMO WiMAX2+の評判は?本当にお得なの?」について

GMO WiMAX2+の評判についてまとめてみました。本当にお得なプロバイダーなのかどうか、参考になさってみて下さい。

Copyright © GMO WiMAX2+の評判は?本当にお得なの?. All rights reserved